梅雨の季節もカビ知らず!料理研究家・有元葉子プロデュース、ラ・バーゼの速乾まな板

日々の料理に欠かせないまな板と包丁は、キッチンで登場回数が多い道具の代表格。包丁は「切れ具合」「デザイン」など選ぶ基準が明確ですが、まな板って、包丁ほど使い心地が実感できないし、どう選んだらいいかわからない、という面がありませんか?

包丁はけっこう切れるのを使っているんですけど、まな板は、某インテリアショップで見つけた激安の木製(大小2枚セットで1000円以下)を使ってました。

大きいほうを「野菜用」、小さいほうを「魚肉用」と区別して、使ったらすぐに洗っていたし、定期的にオイルも塗っていました。が、それでも黒ずみや汚れが出てきて困っていたんですよね。

いいまな板って、安いのとどこが違うんだろう??そんな風に思いつつ、以前の記事(ブラックスプーン)で紹介した、料理研究家・有元葉子さんが企画・プロデュース「la base/ラ・バーゼ」のまな板を試してみました。

センスのいい暮らしをさりげなく守り続けている人というのは、モノ選びにも決して妥協しないものです。そんな有元さんのお眼鏡にかなったまな板・・・これは、よさそう!サイズは26センチ。まな板には珍しく、正方形です。コンパクトで使いやすいし、正方形ってなんだかかっこいい!厚みがあるので立てて置けます。

la base/ラ・バーゼのまな板

素材はゴム材。一般的なまな板はブナ材が多いそうですが、それに比べると弾力性が高いので、包丁のあたりもやわらか。プラスチックのまな板を使っていて包丁が欠けちゃった!という方、このやわらかさは試してみる価値があります。そして何より注目したのは乾きの速さ!うちにあった激安まな板と「水はじき比べ」をしてみました。

左側の濃い色がラ・バーゼ 、右の白っぽいのが激安まな板です。水をたらしてみると・・・

水をたらしてみると・・・

右側の安いほうは早くもしみこみつつあるようです。拭き取ってみると・・・違いは一目瞭然!水だけでなく、当然、汚れもラ・バーゼのほうが付きにくいです。

現在、使い始めて1ヶ月半ほど経ちますが、はじき具合は全く衰えず「これなら梅雨時もカビなしでいける!」と、手応え十分。この使い心地なら、5,400円の価値はあるんじゃないでしょうか。やわらかい素材なので、傷が付きにくいということはないようで、傷具合は今までのと同じような感じ。でも、心配は要りません。黒ずみなどが付いてしまったら有料ですが、表面の削り直しもしてくれます。いいものだからこそ、末永く愛用してほしい・・・そんな思いのこもったサービスです。

とはいえ、なるべくベストな状態で、長く使い続けるために、

  • 濡れたまま放置しない
  • 使用後はなるべく早めに汚れを落とす
  • 手入れの仕上げに高温のお湯をかけてよく拭き取る
  • 風通しのよい場所で十分に乾かして保管する

などの注意点を守るとよいと思います。

さて、わが家では、水気をよりしっかりと切るために、こんな風に取っ手(ホームセンターで購入)を付けて、掛けて保管することにしました。

壁面から浮くように、取っ手の手前側に引っかければ、どの面も接着していない状態になるので、まんべんなく乾きます。白い取っ手と天然木の質感がぴったりマッチしていて、ますます愛着がわいてきました。

道具は、愛着を感じられるものを選んだほうが大切に使うし、やっぱりその分長持ちするなぁと思います。暮らしの達人・有元葉子さんが選んだまな板。いかがでしょうか。

Amazon
ラバーゼ 有元葉子のまな板 26cm LB-009

関連動画:キッチン用品

Related entries

Pickup entries